大手のデータマッチング型結婚相談所ベスト3

婚活DJりんな
婚活DJりんな

このページでは婚活DJりんなが選ぶ、大手のデータマッチング型結婚相談所ベスト3をご紹介しています!

いつでもどこでも婚活出来るのが特徴の「データマッチング型結婚相談所」は、いまや婚活のスタンダードとなりつつあります。

今回は大手のデータマッチング型結婚相談ベスト3をご紹介します。

ランキング結果

1位 ZWEI「ツヴァイ」
2位 オーネット
3位 ゼクシィ縁結びエージェント

※最新情報は各サイトをご覧ください。(名前を押すと公式サイトへ飛びます。)

データマッチング型結婚相談所ベスト3

さっそく、当サイトが選ぶ「データマッチング型結婚相談所ベスト3」を発表します。

それぞれのポイントやメリットも、簡単にご説明してますので参考にしてくださいね。

このランキングは当サイトが、公式サイトの情報や口コミ、会員からのインタビューを参考に、独自にランク付けした物です。

各結婚相談所の最新情報は必ず公式サイトをご確認ください。

1位:ツヴァイ
※サイトの引用が禁止のためサイトイメージなし
総合点数:4.6

サポート4.0 コスパ5.0
会員数5.0  店舗数4.5

ツヴァイのポイント


ツヴァイの特徴は何といっても9万名を超える会員数*。

出会いのチャンスを増やすにはやっぱり数も大切ですから、ツヴァイなら申し分ないでしょう。

コスパも高く、月会費17,380円の「ご紹介+自由検索コース」なら、毎月30名と出会うチャンス*があるので、単純計算で1人あたり579円です。

他にもイベントや担当者からの紹介もありますので、それを加味するともっと単価は下がります。

また、多彩な出会い方から選べるので、ただ条件検索するだけでは物足りない方にはピッタリです。

  • 顔で選べる
    インプレッションマッチング
  • 結婚への価値観は大切
    価値観マッチング
                など

*1 日本結婚相談所連盟の会員を含む
*2 申込可能数

ツヴァイのメリット
  • 申し込みを受けるのは無制限
  • 出会いの方法が最大7種類と豊富
  • スペックが高めの人が多い
年齢非公開女性
年齢非公開女性

他の結婚相談所は、追加料金を払わないと顔写真を見れませんでした。

しかし、ツヴァイでは最初から顔写真が公開されているのでとても良かった。

25歳女性
25歳女性

婚活を始めた当初は、年収や外見にこだわっていましたが、なかなか上手くいきませんでした。

そこで価値観マッチングを試してみました。

理想の条件には当てはまらないけれど、とても相性の合う男性と出会うことができ、満足しています!

ツヴァイでは現在実施中のキャンペーンはありませんでした…。

しかしキャンペーンは急に始まっている事が多いので、1度は公式サイトをチェックしましょう!

2位:ゼクシィ縁結びエージェント
総合点数:4.2

サポート4.5 コスパ5.0
会員数4.0
  店舗数3.5

ゼクシィ縁結びエージェントのポイント


ゼクシィ縁結びエージェントは入会金33,000円(税込)+月会費9,900円(税込)〜だけで入会可能です。

結婚相談所が高いと思っていた人には、ぜひ検討して欲しい価格帯です。

また「エージェント」という名前の通り、プランによっては「対面相談」や「紹介」も受けられます。

しかも、初期費用・お見合い料・成婚料はどのプランでも無料。

顧客満足度No.1*を獲得している注目の結婚相談所です。

*オリコン顧客満足度®調査

ゼクシィ縁結びエージェントのメリット
  • 結婚といえばゼクシィの安心感
  • 休会は無制限の月1,100円(税込)で取得できる
  • コネクトシップ加盟で5.5万人の会員から紹介可能
20代女性
20代女性

結婚相談所は料金が高いと感じていましたが、ゼクシィ縁結びエージェントは低価格で活動できると口コミで見て、入会することに決めました。

会員の皆さんは真面目で誠実な方ばかりでした。

年齢非公開<br>男性
年齢非公開
男性

毎月、アドバイザーが相手を紹介してくれるコースを選択しました。

紹介していただいた方の中にとても理想の方おり、お付き合いを重ねた現在は結婚も視野に入れています。

現在実施中のキャンペーンはありませんでした…。

キャンペーンは急に始まっている事もありますので、最新の情報はゼクシィ縁結びエージェントの公式サイトをご覧ください。

3位:オーネット
※サイトの引用が禁止のためサイトイメージなし
総合点数:4.0

サポート3.5 コスパ3.0
会員数4.5 
店舗数5.0

オーネットのポイント


オーネットは単独(加盟店なし)で5万人以上を抱える結婚相談所です。

「結局、よく分からない他の会員を紹介された」ということにはならないです。

支店も全国に40店舗あり、どこでも入会しやすい環境です。

オーネットはイベントも多く、年間2,600回以上開催されています。

プロフィール写真の撮影も付いてますので、オーネットに任せれば楽に婚活をスタートできますよ。

オーネットのメリット
  • 運用歴40年以上の信頼性
  • 成婚料は無料
  • 有料オプションで多彩な婚活展開ができる
20代後半<br>女性
20代後半
女性

最初は婚活をすることに対して不安がありました。

でもアドバイザーの方が寄り添ってくれ、悩みも聞いてくれたので心強かったです。

40代前半<br>女性
40代前半
女性

オーネットは、イベントが多く開催されているので、できるだけ参加していました。

今の彼ともイベントで出会うことができました。

一緒にいて楽しいので結婚を意識しています。

他社からオーネットに乗り換えた会員には33,000円(税込)をキャッシュバック!

※適応に条件がありますので、詳しくは資料請求でご確認ください。

乗り換えプランの詳細はこちら

データマッチング型の定義について

当サイトが定義する「データマッチング型結婚相談所」について、少しお話しさせてください。

データマッチング型とは、主に結婚相談所が持つデータベースを利用し、条件い合致する相手を探すスタイルです。

多くはスマホのアプリや専用サイトを利用しますので、自由に時間を問わず婚活できるのがメリットです。

1点注意すべきなのが、「プランによっては担当者からの紹介付き」と、一見仲介人型のようなところも存在します。

しかし、本来の仲介人型のように手厚いサポートが存在しない場合もあります。

担当者からの紹介プランがある=仲介人型とはなりませんので、ご注意ください。

※仲介人型をお探しの方は、以下のランキングをご覧ください。

最近の大手結婚相談所はどこも「自己検索+担当者の紹介」と、2軸であることが多く、多くはハイブリット(両方あり)に属しています。

その中でも、相談所全体のプランやサポート具合を加味し、「データマッチング型寄り」と「仲介人型寄り」を分類しています。

当ランキングではハイブリットの中でも「データマッチング型寄りのサービス*」のみを選んでおります。

つまりどのサービスを選んでも…

自分のペースと好きな時間、好きな場所で婚活できますので、ご安心ください。

*具体的なサービス内容は、選択する結婚相談所やコースによって異なります。

結婚相談所のデメリット【データマッチング型編】

コスパも良く、マイペースに婚活できるデータマッチング型ですが、デメリットも存在します。

今回はデータマッチング型結婚相談所(データマッチング寄りのハイブリット含む)のデメリットをまとめます。

仲介人型と迷う方も、参考にしてください。

自主的に婚活する必要がある

まず何よりも、データマッチング型に手取り足取りのサポートを期待してはいけません。

もちろんサポートは付いてきますし、いつでも相談できますが、仲介人型と比べるとどうしても簡素です。

自主的な婚活に挫折しないための、 3つの対処法をご紹介します。

  1. 小さな(細かい)目標で婚活を進める
  2. サポートが欲しいときは遠慮しない
  3. メリハリを持って婚活する

小さな(細かい)目標で婚活を進める

仲介人型のように、「次はこうしましょう。」「こんな時はこうやって進めます。」と教えてくれる人がいません。

途中で投げ出さない為にも、なるべく小さい目標を設けてください。

小さい目標(例)
  • ◯日までに◯人に申し込んでみる
  • 今月は◯人のプロフィールを見る
  • 初めて〇〇のイベントに参加してみる

など

最初から「成婚するぞ!」と最終目標だけをかかげていると、今月もダメだった…など焦りにつながります。

小さな目標であってもクリアする達成感で、気づけば思った以上に婚活が進んでいるでしょう。

サポートが欲しいときは遠慮しない

サポートを期待してはいけないと書きましたが、あくまで仲介人型よりも手薄という意味。

もちろん必要なことがあれば、相談に乗ってくれますし、サポートもしてくれます。

サポートが欲しい時は遠慮せず、結婚相談所側に相談しましょう。

せっかく結婚相談所を選んだのですから、使えるものは最大限使わないともったいないです。

メリハリを持って婚活する

自分のペースで婚活できるのも、データマッチング型の魅力ですから、メリハリは忘れない様にしてください。

先週は婚活三昧だったから、今週末は友達と出かけるなど、婚活のオンオフはしっかり決めたいですね。

また、何らかの事情で婚活の継続が難しいなら、休会制度をうまく使うなど、自分の気持ちを優先してください。

マッチングアプリとシステムが似てる

データマッチング型結婚相談所の「悪い口コミ」としてよく挙げられるのが…

退会希望<br>会員
退会希望
会員

なんかマッチングアプリとほぼ一緒だった。

入会検討者
入会検討者

データマッチング型って自分で検索するから、結局マッチングアプリじゃん。

など、マッチングアプリとシステムが似ているというもの。

確かに「スマートフォンを使って条件検索をするという点」は、マッチングアプリとほぼ同じといえます。

ただし、履き違えてはいけないのは、「誰が登録しているか」。

マッチングアプリは入会基準が甘く、収入証明書や独身証明書の提出も必須ではないところがほとんど。

正直、どんな人にあたっても文句は言えない状態です。

むしろ恋活アプリ(恋人探し)と婚活アプリを総称して、マッチングアプリと呼んでいるケースも少なくありません。

逆に結婚相談所へ登録している人は、各種公的な証明書により完全に身元のハッキリした、「本当に結婚したい人」。

マッチングアプリと大差ないと言っている人は、システムばかりに目がいって、誰と出会えるかという肝心なところを見落としています。

結婚相談所の会員データベース(自己検索システム)の利用料を払って、入会するということを忘れないでくださいね。

なぜ1年以内に結婚したいなら「結婚相談所」なのか

たくさんの安い婚活サービスが選べる中で、わざわざ高い結婚相談所を選ぶ理由。

それは「本気で結婚したいなら、本気の人が集まる場所で婚活するべき。」に尽きます。

最近は婚活アプリや婚活パーティーなど、無料やワンコインでも出来るサービスが登場しています。

婚活DJ<br>りんな
婚活DJ
りんな

「できれば安く結婚相手を見つけたい。」

みんなの本音だと思いますが、裏を返せば「高くつくなら、結婚相手が見つからなくても良い」です。

中には本気で婚活アプリを使っている人もいますが、全体的に見ると「飲み友探し」「体目的」「とりあえず恋人欲しい」なんて人はゴロゴロいます。

対して結婚相談所は「結婚を前提にお付き合いする相手」や「婚約者探し」と、結婚に直結する出会いだけが目的です。

独身証明書や学歴・収入証明書、各種公的な書類の提出など、結婚相談所の入会基準はとても厳しい。

高い+入会手順も(言ってしまえば)めんどくさいのが、結婚相談所です。

わざわざ入会した人で「恋人は欲しいけど、結婚は本気で考えてません。」なんて中途半端な人はいないですよね。

では、なぜ「1年以内」という基準なのか。

大手結婚相談所の多くは、会員の活動期間データ(入会から成婚退会まで、どれくらい活動したのか)を公表しています。

活動期間データの例
サンマリエ公式サイトより

その平均活動期間は、7ヶ月〜10ヶ月と1年未満であるケースがほとんど。

つまり「1年以内の結婚」は結婚相談所を利用する上で、1つの目安にしても良いでしょう

「1年以内に結婚相手を見つける」と目標を決めて取り組む方が、メリハリやモチベーションの維持につながります。

婚活DJ<br>りんな
婚活DJ
りんな

1年って思っている以上に短いですよ。

もたもたしてると、どんどん時間を無駄にしてしまいます。

この記事をここまで読んでくれた様に、少しでも結婚相談所に興味があるなら、公式サイトをのぞいてみてください。

「結婚相談所を利用すれば、1年後には隣に婚約者が座っているかもしれない。」

迷って1年過ぎるのか、1年を結婚相談所に託してみるかは、あなた次第です。

ランキング結果

1位 ZWEI「ツヴァイ」
2位 オーネット
3位 ゼクシィ縁結びエージェント

※最新情報は各サイトをご覧ください。(名前を押すと公式サイトへ飛びます。)

婚活DJ<br>りんな
婚活DJ
りんな

そろそろお別れのお時間です。少しでも参考になれば嬉しいです。

コンカチューンでは他にも、関連記事をたくさんご用意しています。

お時間のある方は他の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました