オンライン型結婚相談所ベスト3

婚活DJりんな
婚活DJりんな

このページでは婚活DJりんなが選ぶ、オンライン型結婚相談所ベスト3をご紹介しています!

手続きや相手探しをオンラインで済ませる事ができる「オンライン型結婚相談所」は、家にいながら理想の相手を探し出すことができます。

今回は大手のオンライン型結婚相談ベスト3をご紹介します。

ランキング結果

1位 スマリッジ
2位 エン婚活エージェント
3位 ペアーズエンゲージ

※最新情報は各サイトをご覧ください。(名前を押すと公式サイトへ飛びます。)

オンライン型結婚相談所ベスト3

さっそく、当サイトが選ぶ「オンライン型結婚相談所ベスト3」を発表します。

それぞれのポイントやメリットも、簡単にご説明してますので参考にしてくださいね。

このランキングは当サイトが、公式サイトの情報や口コミ、会員からのインタビューを参考に、独自にランク付けした物です。

各結婚相談所の最新情報は必ず公式サイトをご確認ください。

1位:スマリッジ
総合点数:4.5

サポート4.0 コスパ5.0
会員数5.0
  エリア4.0

スマリッジのポイント


スマリッジはどこよりもリーズナブルで、今回紹介しているサービスの中で一番安いです。

価格は安いですが、紹介制度があり専任アドバイザーも付くので、まずは検討してほしいオンライン型結婚相談所です。

しかもコネクトシップに加盟しているので、大手の「ゼクシィ縁結びエージェント」や「パートナーエージェント」の会員ともお得に出会えるチャンスあり!

婚活DJりんな
婚活DJりんな

オプションも豊富なので、自由に婚活をカスタマイズもできますよ。

スマリッジのメリット
  • 業界最安値の登録料と月会費
  • 専任アドバイザーのサポート付き
  • コネクトシップ加盟で5.5万人の会員から紹介可能
20代女性
20代女性

安かろう悪かろうだったら困るなと思いながら入会しましたが、印象は値段の割にかなり良いという結果に。

アプリと違って結婚相談所なので、独身証明書もあり安心感が違います。

みなさん真面目に結婚を考えていましたし、初回は連絡を交換しないで済むので、お断りもアドバイザー経由で楽ちんでした。

30代女性
30代女性

マッチングはするのですが、相手が予定調整をせず、コンタクトが進まないことが多々ありました。

担当者もいますが、特にアドバイスもなく、紹介される人もなんだか適当に選んでいるような…。

退会まで2ヶ月かかるのも謎です。

30代男性
30代男性

登録が面倒な結婚相談所のイメージを覆す、ネット完結が魅力的でした。

アドバイザーの返事もかなり早いです。

紹介があるので、そこからの申し込みが気に入ってます。

2位:エン婚活エージェント
総合点数:4.3

サポート4.5 コスパ4.0
会員数5.0  エリア4.0

エン婚活エージェントのポイント


エン婚活エージェントはオンライン結婚相談所の先駆者とも言える存在で、2016年からサービス展開しています。

専任コンシェルジュ制なので、専任担当者が付き、月6名のデータマッチングによる紹介もついてきます。

一点注意点としては、サービス提供している都道府県が限定されている事。(2022年1月現在で25都道府県)

※展開エリアは公式サイトで公表されていますので、気になる方はご確認ください。

婚活DJりんな
婚活DJりんな

エリアは限られていますが、1位のスマリッジと同じくコネクトシップ加盟店なので、会員数は忖度ないはずです!

エン婚活エージェントのメリット
  • キャンペーンが頻繁にありお得に入会可能
  • 東証1部上場の会社が運営する安心感
  • 全額返金保証あり
男性<br>年代不明
男性
年代不明

良い人とマッチングできたら一番いいけど、出会えなかったときは全額返金制度があります。

安心して活動することができそうです。

30代男性
30代男性

カウンセラーのフィードバックがあるのはいいですが、しっかりとサポートしてくれるわけではなかったです。

必要最低限といった感じなので、理想の相手に出会うには、積極的に活動する必要がありました。

20代女性
20代女性

他の結婚相談所は料金が高く、なかなか踏み出せませんでした。

それに比べてエン婚活エージェントは、本当にリーズナブルな価格でした。

安いけれど、内容は充実していたので満足です。

『婚活応援』として5月30日(月)まで、なんと登録料が無料!

月会費14,300円だけで婚活をスタートさせたい方は、公式サイトを要チェック。

3位:ペアーズエンゲージ
総合点数:4.3

サポート3.5 コスパ4.0
会員数5.0 
エリア5.0

ペアーズエンゲージのポイント


ペアーズエンゲージは超有名マッチングアプリの「ペアーズ」が作った結婚相談所。

こちらも最近コネクトシップに加盟したので、上位2サービスと変わらない会員数となりました。

オンラインセミナーも充実しているようなので、婚活初心者も安心です。

婚活DJりんな
婚活DJりんな

もともとペアーズを使っていた!なんて人は使い勝手も良さそうです。

ペアーズエンゲージのメリット
  • オンラインセミナーあり
  • チャット相談24時間対応
  • 毎日1人紹介してくれるの口コミあり
    ※公式サイトには3日に1名(月10名)と記載
30代女性
30代女性

専任コンシェルジュがいるので、いつでもフォローしてくれるのが心強かったです。

堅苦しくない雰囲気が私には合っていました。

30代女性
30代女性

ペアーズユーザーでしたが、真剣に結婚を考えるようになり移ってきました。

独身証明書もしっかり出しているので、真面目な方と出会うことができ成婚退会しました。

30代男性
30代男性

確かに毎日紹介されるけど、3つの希望条件を満たしていれば誰でも状態でした。(時には1つしか該当してませんでした。)

東京在住の私に栃木や茨城の方を紹介されて、マッチングも当然しないので、問い合わせたところ「条件に入ってなかった」と言われる始末。

他の結婚相談所ならもっとマシな対応してくれそう。

オンライン型の定義について

当サイトが定義する「オンライン型結婚相談所」について、少しお話しさせてください。

オンライン型とは実店舗を持たない結婚相談所のことで、全てのやりとりはネット上で完結します。

マッチングアプリとは異なり結婚相談所なので、公的証明書を提出している会員だけな点もメリットです。

1点注意なのがオンラインで費用を抑えている分、どうしても店舗型の結婚相談所よりもサポートが手薄になります。

安さが最大の魅力という面もあるので、手取り足取りのサポートを期待するとガッカリするので注意してください。

※手厚いサポートが魅力の仲介人型をお探しの方は、以下のランキングをご覧ください。

結婚相談所のデメリット【オンライン型編】

コスパ最強+自宅にいながら婚活できるオンライン型ですが、デメリットも存在します。

今回はオンライン型結婚相談所のデメリットをまとめます。

データマッチング型や仲介人型と迷う方も、参考にしてください。

対面のサポートは受けられない

まず何よりも、オンライン型に手取り足取りのサポートを期待してはいけません。

もちろんサポートは付いてきますし、いつでも相談できますが、仲人型と比べるとどうしても簡素です。

自主的な婚活に挫折しないための、 3つの対処法をご紹介します。

  1. 小さな(細かい)目標で婚活を進める
  2. サポートが欲しいときは遠慮しない
  3. メリハリを持って婚活する

小さな(細かい)目標で婚活を進める

仲介人型のように、「次はこうしましょう。」「こんな時はこうやって進めます。」と教えてくれる人がいません。

途中で投げ出さない為にも、なるべく小さい目標を設けてください。

小さい目標(例)
  • ◯日までに◯人に申し込んでみる
  • 今月は◯人のプロフィールを見る
  • 初めて〇〇のイベントに参加してみる

など

最初から「成婚するぞ!」と最終目標だけをかかげていると、今月もダメだった…など焦りにつながります。

小さな目標であってもクリアする達成感で、気づけば思った以上に婚活が進んでいるでしょう。

サポートが欲しいときは遠慮しない

サポートを期待してはいけないと書きましたが、あくまで仲介人型よりも手薄という意味。

もちろん必要なことがあれば、相談に乗ってくれますし、サポートもしてくれます。

サポートが欲しい時は遠慮せず、結婚相談所側に相談しましょう。

せっかく結婚相談所を選んだのですから、使えるものは最大限使わないともったいないです。

メリハリを持って婚活する

自宅で婚活が完結できるのも、オンライン型の魅力ですから、メリハリは忘れない様にしてください。

先週は婚活三昧だったから、今週末は友達と出かけるなど、婚活のオンオフはしっかり決めたいですね。

また、何らかの事情で婚活の継続が難しいなら、休会制度をうまく使うなど、自分の気持ちを優先してください。

成婚定義が甘い

成婚定義というのは各結婚相談所が自由に決められるものです。(多くは加盟している団体の設定に沿っています。)

つまり「オンライン型だから」と括れるものでもありませんが、多くは店舗型の結婚相談所よりも甘い定義を採用しています。

具体的にどう甘いのかというと…

各社の定義の違い(一例)
  • プロポーズ(婚約)や両家への挨拶を持って成婚退会とする
  • 2人が結婚を前提にお付き合いを継続する意思があるなら成婚退会とする

後者がオンライン型結婚相談所に多い定義です。

前者の定義を採用している所でいう「真剣交際」の段階に入ったら成婚退会としてみなされるということですね。

そのまま入籍まで行けば全く問題ないですが、婚約もしてない状態で放り出される可能性があることは覚えておくべきでしょう。

安いには安いなりの・高いには高いなりの理由があることは忘れないでください。

婚活DJりんな
婚活DJりんな

意外と公式サイトでもちゃんと触れていない事も多いので、検討中の結婚相談所があれば、入会前に確認してください。

なぜ1年以内に結婚したいなら「結婚相談所」なのか

たくさんの安い婚活サービスが選べる中で、わざわざ高い結婚相談所を選ぶ理由。

それは「本気で結婚したいなら、本気の人が集まる場所で婚活するべき。」に尽きます。

最近は婚活アプリや婚活パーティーなど、無料やワンコインでも出来るサービスが登場しています。

婚活DJ<br>りんな
婚活DJ
りんな

「できれば安く結婚相手を見つけたい。」

みんなの本音だと思いますが、裏を返せば「高くつくなら、結婚相手が見つからなくても良い」です。

中には本気で婚活アプリを使っている人もいますが、全体的に見ると「飲み友探し」「体目的」「とりあえず恋人欲しい」なんて人はゴロゴロいます。

対して結婚相談所は「結婚を前提にお付き合いする相手」や「婚約者探し」と、結婚に直結する出会いだけが目的です。

独身証明書や学歴・収入証明書、各種公的な書類の提出など、結婚相談所の入会基準はとても厳しい。

高い+入会手順も(言ってしまえば)めんどくさいのが、結婚相談所です。

わざわざ入会した人で「恋人は欲しいけど、結婚は本気で考えてません。」なんて中途半端な人はいないですよね。

では、なぜ「1年以内」という基準なのか。

大手結婚相談所の多くは、会員の活動期間データ(入会から成婚退会まで、どれくらい活動したのか)を公表しています。

活動期間データの例
サンマリエ公式サイトより

その平均活動期間は、7ヶ月〜10ヶ月と1年未満であるケースがほとんど。

つまり「1年以内の結婚」は結婚相談所を利用する上で、1つの目安にしても良いでしょう

「1年以内に結婚相手を見つける」と目標を決めて取り組む方が、メリハリやモチベーションの維持につながります。

婚活DJ<br>りんな
婚活DJ
りんな

1年って思っている以上に短いですよ。

もたもたしてると、どんどん時間を無駄にしてしまいます。

この記事をここまで読んでくれた様に、少しでも結婚相談所に興味があるなら、公式サイトをのぞいてみてください。

「結婚相談所を利用すれば、1年後には隣に婚約者が座っているかもしれない。」

迷って1年過ぎるのか、1年を結婚相談所に託してみるかは、あなた次第です。

ランキング結果

1位 スマリッジ
2位 エン婚活エージェント
3位 ペアーズエンゲージ

※最新情報は各サイトをご覧ください。(名前を押すと公式サイトへ飛びます。)

\他のランキングはこちら/

婚活DJ<br>りんな
婚活DJ
りんな

そろそろお別れのお時間です。少しでも参考になれば嬉しいです。

コンカチューンでは他にも、関連記事をたくさんご用意しています。

お時間のある方は他の記事でお会いしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました